イベント

沖縄県地域環境センター

【事前予約制】海辺の生き物観察とマイクロプラスチック調査体験講座

2022年8月13日(土)

近年、私たちが出すゴミによる海洋ゴミ問題が深刻化しており、海でくらす生き物たちへの影響が心配されています。
プラスチックは安価で安全で加工しやすい便利なものですが、海洋ゴミの中でも量が多いプラスチックゴミは、一度海に流出すると回収が困難で生態系に悪影響を及ぼしかねません。
今回の体験講座では「しかたに自然案内」のお二人をお呼びして、沖縄の身近な海でくらす生き物をいっしょに探して観察します。
そしてマイクロプラスチック調査を行い、プラスチックゴミがどんな影響を与えるのか調べます。

<講師ホームページ>
しかたに自然案内▶https://shikatani.net/wp/

沖縄県地域環境センターとは▶沖縄県からの受託事業です。沖縄県における環境保全活動の拠点として、地域における環境保全活動を支援しています。ホームページ:https://kankyo-center.okinawa/

≪1日目≫ 恩納村屋嘉田潟原にて海辺の観察会と砂の採集
日時:8/13(土) 13時00分~16時30分(12時45分受付開始)
集合場所:恩納村ふれあい体験学習センター(国頭郡恩納村字恩納5973)
*1日目が雨天の場合は、恩納村ふれあい体験学習センターでの室内プログラムに変更して実施します。

≪2日目≫ 海の環境問題についての講話とマイクロプラスチック調査作業
日時:8/20(土) 9時30分~11時30分(9時15分受付開始)
集合場所:沖縄こどもの国 チルドレンズセンター 2階

対  象 :小学4年生以上(中学生以下保護者同伴)2日間連続で参加できる方
定  員 : 20名(事前予約制)
講  師 :鹿谷 麻夕,鹿谷 法一(しかたに自然案内)
参 加 費 :無料
お申込み :℡ 098-933-4190 沖縄県地域環境センター(沖縄こどもの国内)
備  考 :マスク(感染予防)、筆記用具、帽子、タオル、昼食、水筒等は各自でご準備ください。
      履物は靴,マリンシューズ等動きやすいものを用意してください。(サンダル、クロックス等は足を痛める危険性があります)