こどもの国日誌

2019/8/13
ワンダーミュージアム

みんなのワンダー展開催中

開館15年目の夏、ワンダーな出会いと体験を届ける特別展「みんなのワンダー展」を開催中です。ここでは、凸凹かべやマシュマロモニターなど、なつかしの展示やこれまでのワークショップをコレクションし、紹介し、実際に体験することができます。

開館から15年。ここで遊び、体験した、ひとりひとりの記憶や思い出、驚きや発見。そのすべてがワンダーミュージアムをカタチづくり、そして今につながっています。ここは遊びに来てくれた子どもたち、そして多くの方々と共につくってきた施設であり、これからもそうでありたい。みんなのワンダー展を通して、“これまで”を、“これから”の、パワーに変え、新しい時代をつくる子どもたちの感性や創造力を育む場であり続けたい。ワンダーミュージアムはみんなのもの。これからもこどもたちの笑顔と歓声があふれる場所でありますように。そんな想いがみんなのワンダー展に込められています。



みんなのワンダー展。嬉しい誤算は、かつての展示を懐かしんでもらうつもりが、こどもたちにとっては、こんなの初めて!のものばかり。新しい展示が来た!と喜んでくれています。そしてかつて遊んでいた子どもたちは高校生や大学生になり、夏のアルバイトスタッフとして展示を案内する側になってくれています。うれしいのは時代を超えて展示が喜ばれ、あの頃と変わらず笑顔と歓声があふれていること。懐かしさと新しさが混在する15年目の夏。どうぞ越しください。