こどもの国日誌

2018/8/14
植物だより

植物係より特別なお話


お盆の季節になりました。ご先祖様に手を合わせて家族のご報告、安全を祈る季節となりましたが、沖縄こどもの国にもちょっとしたパワースポットがあるのでご紹介いたします。
子を宿す守り神  「トルハルバン」

トルバンとは「石のおじさん」という意味。この石像は、1996年7月5日に済州島より済州馬と共に沖縄こどもの国に寄贈されました。
トルハルバンの由来には諸説がありますが、子どもの欲しい人が「耳と口」をなでれば女の子、「帽子と鼻」をなでれば男の子が授かると言われています。
また、右手が上になっているものは、「武」に優れ、左手が上になっているものは「文」が優れていることを意味します。当園にある石像は、左手が上のトルハルバンです。

興味のある方は、一度、トルハルバン坂の上にある「トルハルバン:石のおじさん」まで会いに来てくださいね。