こどもの国日誌

2017/11/28
植物だより

イランイランの知恵


魅惑の香りのイランイランは、黄色い不思議な花を咲かせます。
夏の夜に甘い香りを漂わせます。
冬の今はといいますと、よくみてみる茎の横からフックのようなものがでています。
シルエットだけでもすごくかっこいいのですが、植物の知恵というのはすごいものでこのフックをお互いに絡み合いながら横へ上へと伸び成長していくようです。


植物のこのような生命力はすごいです。しっかりとフックの部分が茎にはまっています。
イランイランは、ヒマラヤからオーストラリアに広く分布する熱帯性の常緑樹です。生長が早く、熱帯地域では、樹高15mにも達します。葉は先端がとがった長楕円形で長さ15cm前後になります。

イランイラン
バンレイシ科
イランイランノキ属
イランイランノキ(学名:Cananga odorata)

園内で観察できる場所:ふるさと園~せせらぎに行く坂道 山手側の柵に植栽されています。