こどもの国日誌

2022/5/11
植物だより

梅雨の季節の花 「ビヨウヤナギ」開花


こちらの黄色い繊細で美しい花は、「ビヨウヤナギ」の花です。
この花も、タイサンボクの開花と同じ日に一輪の花が開花し、梅雨入り宣言をした沖縄です。
ビヨウヤナギの花は、沖縄では梅雨の季節に出会える植物です。
本土では、街路樹の垣根などでよくみかけるのですが、沖縄では、そんなにみかけないといえばそうかもしれません・・・。一年に今の季節しか開花しないので、覚えていないだけなのか。
確かに、乾燥にも強く病気にも強い植物なので、露地植えには向いている植物です。これから、増やしていきたいとこの度、強く思いました。



名前の由来ですが、「黄糸梅」という種類の花の仲間のビヨウヤナギですが、ゆっくりじっくりと観察してみましょう。
梅の花の形に良く似ています。そして、黄色糸のようなおしべがとても美しいと思いませんか?まさしくその名の通りの花の姿をしています。



梅雨の季節には、この時にしか出会えない草木の花があり、特にイジュの花が山々に咲きはじめるこの季節は、1年に一度の限られた期間に出会えるお花との出会いは、雨空を忘れるほど嬉しいものです。梅雨の季節のお散歩をしながら出会えるお花時間は、特におすすめです。

観賞できる場所:動物の名前がつく花壇周辺 (ふれあいコーナートイレ側の植栽構の中)