こどもの国日誌

2021/5/4
植物だより

ピンクテコマの開花シーズンは終盤のようです。


やわらかな花びらに淡い桃色の花をたくさん咲かせるピンクテコマ。別名:キダチベニノウゼンといいます。土壌は、特に選ばない樹木で県内では、街路樹としてよく利用されます。



ピンクテコマは、花をたくさんつける花木で、満開の時にはすごく見応えがあります。花が散った後は、柔らかい光沢のある葉をつけるので、夏の暑い日には、風と共に樹が揺れる様子は、とても癒されます。



園内では、東ゲート近くのロータリー広場の池沿いに植栽しています。満開の時は、川辺の景色がピンク色になりとても美しいです。