こどもの国日誌

2020/12/20
植物だより

リュウキュウツワブキ


冬の始まりをしらせてくれる花の一つにツワブキがあります。こちらは、リュウキュウツワブキで琉球固有種で準絶減危惧に指定されています。
身近な植物といった存在ですが、実は、ダムなどの建設により減ってきているそうです。
リュウキュウツワブキの特徴は、歯が尖っているのが特徴です。葉の縁がするどく波うち基部がくさび形になることが多く葉の形は同じ群落の中でも変異の幅が大きく,なかには本州のツワブキと区別するのが難しいものです。
園内に生えているリュウキュウツワブキも同様に植栽されている場所によって葉の形が異なります。特に、半日陰と日なたでは、形がことなります。
園内でツワブキをみつけたら、葉の形を観察してみるのも楽しみの1つです。同じ植物にして葉の形がかわりますよ。