こどもの国日誌

2020/11/18
植物だより

ヨウテイボクと羊


ヨウテイボク
科目:マメ科
原産:インド原産
別名:オオバナソシンカ、オーキッドツリー

ヨウテイボクの花が咲く季節になりました。沖縄では、街路樹や校舎の校庭にもよく植えられています。ちょうど、受験シーズンと卒業式の頃に開花期を迎えるのでヨウテイボクの花が咲くと学生時代の頃を思い出します。植物の開花は、人それぞれの思い出と重なり特別な存在となり季節が巡り、開花期になるとふとその大切な思い出を花と共に思い返すといった作用があると思います。
さて、ヨウテイボクは、葉が羊のひづめの形に似ていることから「ヨウテイボク(羊蹄木)」いう名前がついたことをご存知ですか。ハートの形の葉は、とてもかわいく、押し花にしてコースターとして利用するのもおススメですよ。葉一枚で、お子様と話ながら盛り上がれる植物の1つです。
また、花が、蘭にもにていることから「オーキッドツリー」ともいいます。



一般的に、花はピンク色が主ですが、中には白い花の種もあります。白い花が群生に植栽された場所の開花期は、とくにお勧めです。県内では、うるま市栄野比で観察することができます。


園内で観察できる場所:うまんちゅ広場~のりものコーナー