こどもの国日誌

2020/11/2

動物のごはん育ててあげ隊下半期活動1回目


こんにちわ。動物のごはん育ててあげ隊スタッフ隊員のきーよーです(^^)
10月はイベント満載で、文字通りあっという間に過ぎてしまい、すっかり更新が遅くなってしまいました(;'∀')ヤバ…
応募してくださった新たな隊員のみなさんと、10月から半年間活動していきます。4月からの上半期から引き続き活動する先輩隊員も4家族いらっしゃるので、大変心強く思っています。
さて、10月10日(土)最初の活動は、オリエンテーション後すぐにせせらぎゾーンへ移動しました♪

下半期の隊員は、定員30名満員御礼です!ひゃっほーい(≧▽≦)密を避けるため、田んぼで外来生物の「オオサンショウモ」(植物ですよ)を除去するグループと、ヨナグニウマのナビィのお誕生日プレゼント用に、「センダングサ」と「長命草」を収穫するグループに分かれて作業開始となりました。こんなに大人数での活動は初めてで、どうなるかな?と思っていましたが、何のことはない、作業が進む、めっちゃ進む(笑)それだけの事でした。いや~助かりました!きーよー1人だと、「オオサンショウモ除去」は6時間かかる大仕事です。本当にありがたいことです(;▽;)
新米隊員の中には、虫をおいかけたり、いきものを探したりと、道草してしまうこども隊員もチラホラ。
でもね、いいんです。オリエンテーションでも話しましたが、これはあくまでもボランティア。気持ちがのった時にできる分をできるだけ。それが長く活動するために重要だときーよーは思っています。そして、親子での活動ですから、保護者のみなさんにも楽しく活動してほしい!と思っています。決められた作業にどうしても気持ちが向かない時は、こども達に付き合って、気分転換のつもりで一緒に過ごしてください、とお伝えしました。「今はこの作業でしょ!」「遊びに来たんじゃないでしょ!」と言ってくださるのは本当にありがたいんですよ、本当です。
でも、動物のごはん育ててあげ隊の時は、親と子ではなく、同じ隊員として、楽しく過ごしてもらえたらな~と思っています!
はっ( ゚Д゚) ついつい、長く語ってしまいました(^^;
活動の様子を写真でご紹介します。






最後の写真は、収穫した「センダングサ」と「長命草」をうまんちゅ広場まで隊員みんなで運んだところと、翌日行われたイベント時のナビィです。
10月はさらに、前期に収穫した在来米をハロウィンのイベントにてヤクシマザルへ、葉を伸ばしているカズラも、随時カメ達へお届けしました。
11月に入り、イベントも落ち着くので、次回の活動にむけて、水曜日からまたひとり活動をがんばっていきたいと思います(^^)
来週隊員のみんなに会えるのが楽しみだな~♪