こどもの国日誌

2020/9/14
チルドレンズセンター

どうぶつのごはん育ててあげ隊ボランティア隊員活動4回目

おはようございます。どうぶつのごはん育ててあげ隊スタッフ隊員のきーよーです(^^)
先週9月12日、1か月ぶりに、ボランティア隊員の活動が再開になりました。新型コロナウイルス感染症への警戒はまだまだ必要ですが、
予防対策をしっかりと行いながら活動を続けていきます!

さて、今月は上半期最後の活動日。8月に行う予定だった、在来米(アカガラシー)の脱穀・精米と、味見(笑)をメインに、田んぼに繁茂するオオサンショウモ(外来種)の除去作業を行いました。

まずは脱穀・精米から。在来米は、普段私たちが食べているお米と違い、とても小さいため、電動の精米機のパワーではちょっと力加減を間違えると粉砕されて、米粉になってしまいました(T▽T)ガビーン。
しかーし!ミニミニ手回し精米機と、隊員みんなの手もみパワーで、何とか1合弱の精米に成功!
その後おいしい雑炊にへんし~ん(と言っても、ほぼ汁です ^^;笑)


田んぼのオオサンショウモ除去作業は、脱穀・精米を続けたい隊員を残して、少数精鋭でがんばりました。
こども隊員3名、大人隊員1名、応援専門4歳の自由隊員1名、スタッフ隊員きーよーで、約40分2枚の田んぼをほとんど除去することができました。
こども隊員のマサアキ隊員は、「鬼ごっこしたーい」とずっと頑張ってくれたのですが、この日は時間切れとなってしまい、できませんでした。
ごめんね(m´・ω・`)m ゴメン…

次回10月からは下半期の活動スタート。新しい隊員もたくさん申込が来ていますので、1回目だし、田んぼで鬼ごっこ絶対やるからね~
マサアキ隊員もぜひ来てくれたらいいな~
ちなみに下半期の隊員募集の空きは、今日(9月14日10時)現在で、残り2枠です。うれしい!!
どうぶつのごはん育ててあげ隊上半期の隊員のみなさま、活動お疲れ様でした。
下半期も、動物たちの喜ぶ様子を想像しながら、田畑の作業、楽しく、おいしく(?)がんばりましょうね~♪