こどもの国日誌

2020/6/14
チルドレンズセンター

どうぶつのごはん育ててあげ隊~ボランティア隊員活動1回目


みなさん、こんにちわ。どうぶつのごはん育ててあげ隊スタッフ隊員のきーよーです(^^)
昨日、念願のボランティア隊員活動第1回目がありました。写真は、こども隊員の1人が発見したシロアゴガエルの卵をみんなで観察しているところです。休憩をはさみながら、炎天下で1時間みっちりと田畑の手入れを行ないましたが、その合間にオオシオカラトンボやリュウキュウベニイトトンボ、ヌマガエルなどなど、たくさんのいきものを見たり触ったりして、楽しく活動しました。特に、特定外来生物であるシロアゴガエルの卵を発見してくれた事で、大人隊員のみなさんと、身近な生きものについて話すきっかけにもなりました。自然って偉大ですね!




ジャングル並に茂った稲の田んぼを突き進んで、耕してくれる隊員や、畑の草刈りに汗を流してくれる隊員など、総勢14名で一気に作業が進みました!
初めて田んぼに入るこども隊員も多かったのですが、すぐに慣れて、ヤシの樹皮を船にして藻を除去してくれるという頼もしい姿もありました。みんな、動物たちのために、がんばろうね~!!次回の活動日までに、私も草刈りなどなどがんばるね~!!楽しい活動日でした。